猪野晃三朗塗装店について

その他の業務内容

株式会社猪野晃三朗塗装店 では、塗装以外に、こんな業務も行なっています。
建物のことなら、私たち猪野晃三朗塗装店にご相談ください!

 

新築

新築1 新築2

家を建てる・・・それは一世一代の大きなイベント。
そんな大切な家を他人に任せきりでは、決して満足の行く家にはならないでしょう。
建てる人、考える人、造る人がアイデアを結集して初めて納得の家が完成する、そう私たちは考えております。
安全で、快適な家を一緒に造りましょう。

 

増改築

増改築 増改築2

愛着のある我が家。でもちょっと手狭になってきたなあ・・・そう感じた時、大きな地震がおきたらうちは大丈夫かなあ・・・
そんな不安を感じた時、いつでもご相談ください。
お客様のニーズにあったプランを提案、安全で確実な施工をモットーにきっと満足のゆく工事をお約束いたします。
どんなことでも、建物のことなら何でもご相談ください。

 

各種建築

各種建築1 各種建築2

企画・設計コンセプトの具現化は、優れた施工技術なしには語れません。
マンションから一般住宅や車庫まで、細部にわたり完成度の高い仕上がりを追求。
もちろん工事の安全性、環境保全に対する配慮も忘れません。

 

設計施工

設計施工1 設計施工2

私たちはお客様と一緒に建物づくりを楽しむことを第一に考えています。
何気ない会話から建物に対する「こだわり」や「思い入れ」を感じ取り、お客様が本当に「これだ!」と思って下さるカタチになるまで、私たちは情熱を注ぎ続けます。

建物づくりを共に考え、つくる楽しみと喜びを共感できればと思います。

 

外壁

外壁1 外壁2

毎日暮らしているお客様のお住まいにとって、外壁は人に例えるといわば「顔」にあたるところです。
そんな大切な「顔」のお化粧なおし。
和風、洋風建築、ビルや店舗などのセンスあふれるリフォーム工事を、私たちが信頼と確かな技術をもってお手伝いいたします。

 

屋根瓦葺き替え

屋根瓦葺き替え1 屋根瓦葺き替え2

夏の強い日ざしや冬の寒さ、雨や雪などから365日休みなく私たちの暮らしを守ってくれている大切な屋根。
その主役が1枚1枚の瓦です。
しかし、その瓦にヒビ割れや歪み、狂いが出ると大変です。
気づかずにいると雨もりして屋根地を腐らせるだけでなく、柱や壁、畳など家の中をもいため、修繕費も高くついてしまうのです。
瓦に異常を見つけた際には、高品質な瓦と確かな葺き替え技術で修理されることをおすすめします。

 

防水工事

防水工事1 防水工事2

ビルの屋根やベランダなどの表面は、ゴムの膜のようなもので覆われています。
マンションやビルなどでは新築工事をする際に、必ず防水工事を行います。
けれども年月を経るごとに雨水の浸食が進み、雨漏りや漏水などの被害が出てくるわけです。

「うちの家は大丈夫」、「うちのマンションは大丈夫」と思っていても、長年風雨にさらされるわけですので、いつまでも持つわけではありません。
こういった部分は、定期的なメンテナンスが必要不可欠となってくるのです。
雨漏り・浸水などが起こってからの思わぬ出費にならぬよう、5年・10年と定期的なメンテナンスをお勧めいたします。

当社では、お客様の建物の劣化状況を十分に調査。
最適な素材と工法を選定し、質の高い防水工事を行います。
最適な防水工事で、建物の寿命は確実に伸びます。

 

白蟻駆除

白蟻駆除1 白蟻駆除2

最近既築の家でシロアリの被害が目立って増えており、被害地域も殆ど全国にまたがっております。
悪いことに特に木材を最も好み、建築物の木材部分、板塀、樹木等幅広くシロアリの被害をうける対象となっております。
新築後早くも2~3年で浴室、洗面所、台所などの床下が、シロアリ・キクイムシにやられてしまうという例が増えています。
シロアリは家のガンといわれ、自覚症状(羽アリの群飛)が現れた時には手遅れという場合もあります。
シロアリによる被害が火災より恐ろしいといわれるのもこの為です。

シロアリが家屋で発見された場合、すでに家屋の内部に入っているシロアリの駆除と、新たに外部から侵入シロアリを防止するという両方面からの防除を行わなければなりません。
もし、シロアリの被害がすでに発生していたら、当社の信用と専門技術であなたのお住まいを守ります。

 

予防工事

予防工事1 予防工事2

シロアリは恐ろしいものですが、プランニングの時にご注意いただければ大切な家屋を守ることができます。
被害が出てから駆除することは可能ですが柱や、コンクリートにドリルで穴をあけたり、外壁のモルタルや、外見板を外したり、また時には柱をそっくり取替えたりしなくてはなりません。

このような荒治療は、建築物の強度にも影響を与えるだけでなく、かかる費用もバカになりません。
やっぱり新築の際に予防処理をする方がかなり有効であり、又経済的でもあります。

ページ上部へ